本文へスキップ

ペットの健康管理Health care

犬フィラリア症血液検査と予防

最近では、皆さん、犬フィラリア症の予防をしっかりなさっています。
重症のフィラリア症の犬を診察することはまれになりました。

しかし、犬フィラリア症はまったく無くなったわけではありません。
昨今、蚊の発生・吸血する期間は昔に比べて長くなりました。
春のおよそ気温が15度をこえた時期から、初冬の11月〜12月まで
毎月1回の予防薬の投与が必要です。

犬のフィラリア症予防を始める前には、必ず血液検査をお受けください。
すでにフィラリア症に感染していたり、前年予防薬の飲み忘れがある場合は、特に重要です。
前年の予防薬の投与を忘れた場合や、幼犬だった為に予防ができなかった場合は、申し出てください。
なお、前年飲み忘れたお薬を検査をせずに飲ませるのは、大変危険ですので、絶対しないでください。

血液検査のときに、動物が暴れたりしないかと心配される飼い主の方もおみえかと思います。
当院の看護士は動物の扱いに習熟しており、保定(動物を取り押さえること)は、飼い主さんが無理に抱きしめたりしないで、当院の看護士にぜひともお任せいただきたいと思います。

薬のタイプについては、各種あります。錠剤・チュアブル・皮膚に点下するタイプなどがあります。
ご希望のものをお選びください。

当院では、一年分まとめて予防薬を購入されますと割引をいたしております。詳しくは受付までお尋ねください。


BACK BACK

さわき動物病院ビルダークリニック

〒496-0037
愛知県津島市西愛宕町1-79
TEL 0567-26-3437
FAX 0567-28-6160
E-mail sawaki_ah@yahoo.co.jp